不動産売却を不動産会社に委託するには

不動産を売却するというと

不動産を売却するというと : 注意しなければならないのが確定申告

不動産を売却するというと多くの方がフリーマーケットや通信販売、オークションサイト等での物の販売を想像します。
私も不動産売却を本格的に始めるまではこの考えとまったく同じでした。
しかし不動産を売却するには経費等必要な物が沢山でてくるのです。
私が最初体験した不動産売却は5年ほど住んでいた一軒家だったのですが、ローンが少し残っていましたが仕事場の場所が大きく変わるため不動産会社に売却を依頼しました。
しかしこのローンが残っているという条件が厄介で、ローンには抵当権という物が法律上で定められていたらしくそれを抹消するための経費を払わなくてはならず思っていた以上に経費が掛かりました。
この他にも初めて他人に家を販売する私には聞いた事もないような経費が掛かりました。
抵当権の抹消経費と同じくらい厄介なのが測量費用と呼ばれている経費です。
この経費は土地を実測して引き渡す場合に必要な経費で、自分で測量してもその測量を証明できないのでただのメジャーで図るだけなのに非常に高額の費用を請求されました。
また私の場合購入希望者がすぐに見つかったのは良いのですが、土地だけを購入したいと言われ家の解体費用まで掛かったのでみるみるうちに手元に残るお金が減っていきました。
さらに物件を販売して利益が出た場合所得税と住民税が利益に応じて掛かるため、家を売って大金を手にしたとしても来年の収入が高額になるわけではないので、税金のために売却したお金をある程度とっておく必要があったのです。
そのため物件を高額で販売してもそのお金を自由に使えないもどかしさもあり、新しい家を建設する時にある程度妥協した形で建設する事になってしまいました。